ADs by Google

カテゴリ: Google

Google ウェブマスターツールに変化

SEO的になかなか役に立つ(といっても、当サイトのようなマイナーサイトでは活用が難しい)Googleウェブマスターツールですが、先日ログインしたら大きな変化がありました。

Googleウェブマスターツールとは、Webサイトの管理者向けに無償でGoogleが公開しているツールで、自分のドメインを登録することで、そのドメインへの到達にどのようなキーワードが利用されたのかなどを知ることができます。見ているだけでもなかなか興味深いので、ドメインを持っている方であれば登録することをお勧めします(Webページ単位での登録はできません)。

具体的な変化としては、左上に現れる検索に利用されたキーワードの部分で、それまでは(確か)実際にアクセスするために利用された検索語のみ(=クリックスルー)が表示されていましたが、現在は表示回数も表示されるようになっています。

今回の変更により、Webサイトの強化すべき点が非常に明白になるようになりました。

つまり、表示回数はあるもののクリックスルーが少ないコンテンツは、Googleの検索結果には表示されるもののクリックしてもらえない、つまり訴求力が弱いということを意味します。ちなみに上記の例の場合、”フレッツ光メンバーズクラブ”がその顕著な例ということになりますが、これについては公式ページを目指している方がほとんどだと思われるので、やむを得ない部分があります。

また、詳細画面を参照することで、掲載順位ととクリックスルー率との関係を見ることもできます。

当然ですが、掲載順位が高い方がクリックスルー率が高いですね。

眺めているだけでも興味深いですが、うまく活用できればGoogleのSEOで大きな力を発揮してくれそうです。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">