サイバーリンクメンバーズの事実

 サイバーリンクには”サイバーリンクメンバーズ”という、同社の製品の購入者向けの会員プログラムがありますが、実は日本を含むアジア圏とそれ以外とでは大きな違いがあります。今回徹底的にリサーチしたので、その結果を簡単にまとめておきます。

続きを読むサイバーリンクメンバーズの事実

サイバーリンク製品を最安値で買う方法を全力でリサーチした

 管理人はこれまで、Blu-rayドライブ購入時に買ったCyberlink Media Suite 8 (OEM) を利用していました。その後、使用頻度が高かったPowerDVDだけは、3年前に公式サイトのダウンロード販 … 続きを読むサイバーリンク製品を最安値で買う方法を全力でリサーチした

SANS GCIHを受験する人へ

 管理人は2018年6月下旬に東京で開催されたSANS 504 – Hacker Tools, Techniques, Exploits and Incident Handlingのトレーニングを受講し、その約4ヶ月後の11月上旬に対応するGIAC試験であるGIAC Certified Incident Handler = GCIHを受験し、無事合格することができました。
 トレーニングの内容もそうですが試験もそれなりにハードで、万一落ちると再受験に$769 = 約8.8万円 (1$ = ¥115) と、かなり覚悟が必要な金額を支払う必要があるため、是が非でも一発で合格したいところです。その反面、受験者が少ないためか情報もほとんどないので、自分が受験した時の経験で合格に役立ちそうな情報を、公開しても問題がない範囲でまとめておきたいと思います。

続きを読むSANS GCIHを受験する人へ

まだまだPicasaを使いたい!

 ご存知の通りPicasaは2016年4月末をもってGoogleのサポートが終了しており、オンラインベースのGoogleフォトへの移行が推奨されています。GoogleフォトはWebツールとしては大変良くできているとはいえ、PCに保存されている画像を見るという観点からは全く役に立たないのも事実です。仮にPCに保存されている画像とGoogleフォトとが完全に同期が取れていたとしても、フォルダ構造をベースとした一覧性が高い表示など、慣れたUIには捨てがたいものがあります。

 先日、自宅PCのWindows10が起動不良に陥ってOSを再導入したのを機に色々調べたり試してみたのですが、家族の強い希望もあり今後もPicasaを使い続けることにしました。

続きを読むまだまだPicasaを使いたい!

平成30年度も私立高等学校等授業料軽減助成金は受給できないようです

長男が学校から表記の書類をもらってきて、必要書類となる課税証明書を区から取得したのですが、その時点で今年も私立高校学校等授業料軽減助成金(いわゆる東京都の高校授業料無償化)の対象とならないことが判明しました。明らかすぎて今年は書類も提出しないでしょう。

今年の4月の時点では対象になると見込んでいたのですが、”扶養親族”という言葉の理解大きな誤りがあったのです。その詳細を以下にまとめておきます。税金難しい….

続きを読む平成30年度も私立高等学校等授業料軽減助成金は受給できないようです

平成29年度は私立高等学校等授業料軽減助成金は受給できませんでした

1年近く前の記事になりますが、自分で税金を計算して2017年度は東京都の私立高等学校等授業料軽減助成金を受け取れると見込んでいましたが、結果的に受給資格を満たせませんでした。NGの通知が来たわけではありませんが、国の私立高等学校等就学支援金(1年間で118,000円)の受領通知のみが届いたのでだめだったのでしょう。書類は間違いなく提出したので、資格を満たした人にのみ通知が来たのだと思われます。

悔しくて改めて確認した所、受給できなかった理由がわかりましたので、まとめておくことにしました。

続きを読む平成29年度は私立高等学校等授業料軽減助成金は受給できませんでした

VMware Fusion Pro 10を買うとWorkstation Pro 14が2つもらえる!

VMware Fusionの10周年記念として、VMware Fusion Pro 10の新規ライセンスを購入($160 = 約17,920円)するとWorkstation Pro 14 for Windowsと同 for Linuxがおまけでつくという、欲しい人にとっては信じられないくらいお得なキャンペーンが行われています。

ちなみにFusion Pro 10を国内でVMwareのオンラインストアで購入しようとすると19,753円なので若干割高となりますが、Workstation Pro 14は30,877円なので、同じ製品を日本国内で揃えようとすると81,507円となります。後述するいくつかの課題さえ克服できれば、破格のキャンペーンと言えるでしょう。

続きを読むVMware Fusion Pro 10を買うとWorkstation Pro 14が2つもらえる!

手付放棄で売買契約を解約した話

明確に書いてはいませんでしたが、自分に合った住宅ローンを考える(金利編)自分に合った住宅ローンを考える(基本団信と無償特約)の作成に先立つ7月上旬に、とある物件の売買契約をしていました。あまり細かくは書けないのですが、4,000万円台の中古マンションでしたが、色々あって数百万円の手付金を放棄する形で手付解除をしました。かなりレアなケースだと思いますので、不幸にも同じ境遇に立つことになる人のために調べたことや経験をまとめておきます。

続きを読む手付放棄で売買契約を解約した話

自分に合った住宅ローンを考える (基本団信と無償特約)

先のエントリでは金利に注目しましたが、金利以上に金融機関の差が出るのが団体信用生命保険(以下団信)です。金利は基本的にいかに低金利かという点に尽きますが(厳密に言えば目立たない条件の差異は少なからずありますが)、団信は金利よりも消費者に訴えかけやすい違いを出しやすいためか、そこで独自色を出そうとしている銀行も少なからずあります。

しかし、よくよく条件を調べてみると、一見よさそうに見える団信も実はそうでない、というケースが少なからずあることがわかります。本エントリでは、管理人が確認した限りでの基本的な団信(以下基本団信)と無償で付帯できる特約の違いをなるべく分かりやすくまとめます。

なお、本エントリの対象となる銀行は前のエントリと同じで楽天銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、じぶん銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京銀行になります。

続きを読む自分に合った住宅ローンを考える (基本団信と無償特約)

自分に合った住宅ローンを考える (金利編)

管理人は現時点で会社の社宅に入居していますが、次の3月で社宅定年を迎えるため社宅を出なければなりません。ずいぶん前から物件探しは行っていてある程度めぼしはついてきたのですが、現在悩んでいるのが住宅ローンです。

どこからどのように借りるかのかが、大げさに言えばその後の人生に影響を与える可能性さえあります。かなり時間をかけて調査・検討をしたので、自分の頭の整理も含めて情報をまとめておきます。

続きを読む自分に合った住宅ローンを考える (金利編)