家族でGALA湯沢

昨日GALA湯沢に行ってきました。

子供が7才と3才なのでスキーというよりは雪遊びメインで、当初は宿泊で考えていたのですが、実際に候補を挙げて検討してみたら1泊4人で8万円…とかになってしまったこともあり、最終的に日帰りガーラ湯沢に収まりました。

ガーラ湯沢初めてだったので色々と調べたのですが、それでも行くまで分からなかったことが結構あったので、雪遊びを目的として小さな子どもと初めてガーラ湯沢に行く人の参考になりそうな情報を中心に、事前に知っておくといいと思われることをまとめておきます。

利用プラン

ガーラ湯沢はJRの子会社が運営しているスキー場であるため、日帰り新幹線で行くのであれば選択肢はJRのプランしかありえません。他業者が扱っているプランも多数ありますが、おそらくほとんどすべてがJRのプランの再販だと思われます。初滑りシーズンや春スキーなど、時期に合わせたプランが随時提供されていますが、シーズンを通じていつでも利用可能なのがGALA日帰り切符です。

このプランにはGALA湯沢までの新幹線の普通指定券 + 一日リフト券+レンタル20%割引券が含まれていますが、まともに購入すれば、東京~ガーラ湯沢の新幹線普通指定の片道だけでも7,100円もします。一日リフト券が4,300円ですから、合計(7,100円×2)+4,300円=18,500円の所が、大人10,900円なのですから、これを使わない手はありません。

なお、GALA日帰り切符を指定席券売機で購入すると、「リフト券ホルダー」「南魚沼産コシヒカリ(150g)」「オリジナル手ぬぐい」のいずれかを現地でもらえますので、利用が可能であればこちらで購入すると更にお得です。ちなみに、リフト券ホルダーは現地で300円で購入することもできます。

幼児を連れて行く際の小技

GALA日帰り切符のページ一番下の方に小さく書いてあるので気がつきにくいですが、GALA日帰り幼児用きっぷという切符があります。これは、GALA日帰り切符を利用する大人に同伴する6才以下の未就学児限定の切符になりますが、なんとGALA湯沢までの往復指定席を1,000円で利用できるという破格の切符です。
家族の4人目がこの条件に該当するのであれば、この切符を購入して4席確保してしまうのがお勧めです。そうすれば、新幹線の2席側の席を2列確保できるので、遠慮なく椅子を回すことができます。混雑している時期だと、1席であっても誰かが指定を取る可能性もありますからね。

残念ながらこの幼児用きっぷは指定席券売機では販売されていません。どうしても特典が欲しい場合は、指定席券売機でそのほかの人の分を購入してから、それを持ってみどりの窓口に向かうことになるでしょう。私は面倒くさくて窓口でまとめて購入してしまいましたが….

レンタル料金について

家族で雪遊びに行く場合、レンタルを利用する人が多いと思います。GALA日帰り切符にはレンタル20%割引券が含まれていますのでこちらを利用することになりますが、3/23~4/4の春休み期間中は、小学生限定で500円でスキー3点セットもしくは5点セットをレンタルできます。確認した限りでは、ガーラのWebやJRのパンフレットには掲載されていないのですが(これくらいしか見つかりませんでした)、定価2,500円 -> 500円は大きいです。ぜひ利用しましょう。

なお、Webの価格表には掲載されていない小物レンタルについてですが、ゴーグルとグローブはそれぞれ各600円/1日でした。また、これも書かれていませんが、ウェアには毛糸の帽子も付いていました。

レンタルをする際の小技

ガーラは、JRの駅とゲレンデとがゴンドラ(所要時間8分)で結ばれているので、ゲレンデに出るために必要なことをすべてJRの駅側で終わらせてからゴンドラに乗り、ゲレンデに移動することになります。

改札を出ると、正面に特典の引き替えカウンターがあります。そこで一日リフト券とレンタル20%割引券(500円レンタルの該当者がいる場合はワンコインレンタル券)との引き換えをします。新幹線の車両が出口に近いかどうかにもよりますが、少々並びます。

レンタルをする場合は、その後レンタルの申込書を記入 -> 精算(列あり) -> レンタル物品引き渡し(列あり)となりますが、レンタルの割引券が必要となるのは精算時なので、二手に分かれることが可能であるのならば、特典交換組とレンタル組とに分かれて並び、特典交換組がレンタル組に割引券を渡すと効率的でしょう

さらに言えば、レンタルの用紙を記入してから並ぶのではなく、ボールペンを持参し、紙は取って並びながら記入すると、全体の待ち時間を減らせます。さらに、特典交換組が割引券手渡し後に先行してレンタル物品引き渡しの列に並んでしまって、レンタル組から精算済みのレンタル用紙を受領するようにすれば、更に効率的です。精算の前に順番が来てしまうとアレですが…

なお、レンタルには身分証明書が必要となりますが、こちらは精算時に確認されるので準備しておきましょう。ちなみに、レンタル用紙は5人分までを1枚に記入可能で、身分証明書は記入者のものがあればいいので、子供のをレンタルするからといって子供の身分証明書を用意する必要はありません

ちなみに、レンタルはゲレンデ側にもあるのでゲレンデに出てから追加で借りることも可能ですが、スタッフによるとサイズが合わなかった場合などの交換用とのことで、かなり数量は限定される模様です。

ロッカールームを利用する際の小技

レンタルが終わったら or レンタルをしない人は、ロッカールームで着替えをすることになります。ロッカールームは、当然男女に分かれていますが、ガーラのロッカーは巨大(高さ64cm/幅48cm/奥行き54cm)な代わりに1日1,000円なので、家族で行く場合はパパかママかのいずれかがまとめて預けるように計画しておくといいと思います。

ちなみに、ロッカールームのロッカーは同日中何回でも開閉可能ですが、ガーラ湯沢駅とゲレンデとの間にゴンドラ(所要時間8分)があるので、よほどのことがない限りは一度ゲレンデに出てしまったら、帰るまで開けることはないはずです。なお、ガーラ湯沢駅 / ゲレンデのいずれにも、100円の普通のコインロッカーが若干あります。

着替えが終わったら、ゴンドラでゲレンデに移動することになります。なお、このゴンドラは一日リフト券で乗れますが、逆にいえば一日リフト券がない場合は別途有料となるので、注意しましょう。つまり、雪遊び目的であっても一日リフト券は実質上必須なのです。

混雑具合

気になる混雑具合ですが、3月末の春休み初めての土曜日で、こんな感じでした。

行きの新幹線(東京8:30発 – ガーラ10:00着)
指定席の埋まり具合は50%弱程度でした。イメージ的には、2席側がほとんど埋まっている程度でしょうか。自由席は分かりませんが、若干余裕を見ていけば十分座れたと思います。

帰りの新幹線(ガーラ17:00発 – 東京18:40着)
行きに比べて帰りの方が集中するためか、行きよりは混んでいました。指定席で埋まっていたのは60%程度でしょうか。もっとも、本当のピークはもう少し後に来るはずですから(リフト営業が17:00、レンタル物品返却が17:30までなので)、18時台の電車の方が混むでしょう。

レンタル所要時間
今回は予備知識がなかったので、特典引き替え~レンタル用紙記入~清算~レンタル物品受領をシリアルで行いましたが、所要時間は40分強程度でした。先に書いたような方法でうまく回せば、もう少し短縮可能でしょう。

ゲレンデ
ゲレンデを見ていた感じでは、かなりすいているという印象でした。リフトにしても、常に一定の長さを保っていて(それほど長くない)、回転はいいように見えました。

レストラン
お昼の時間はほぼ埋まっていましたが、それでも少し待てば席を確保できる、という状況でした。有料で席を予約することもできるようですが、この時期はそれは不要でしょう。

雪遊びについて

ゲレンデによってはキッズパークのような情報が充実している所もありますが、なぜかガーラにはそのような情報がほとんど見当たりません。しかし、実際はそのためのスペースがちゃんとありました。

奥に見えている建物が、ガーラ湯沢駅と直結されているゴンドラが到着する建物です。つまり、ゴンドラから降りてすぐの所にキッズパークがあります。見ての通り、屋外設置用の遊具が置かれています。

これは建物側から見た所です。1枚目と空の様子がまったく違いますが、時間帯の違いです。

奥に緩いスロープになっている部分がありますが、左側がソリ専用、右側がスキー/スノボ専用のスペースです。注意書きにある通り、子供だけが利用可能です。左側にゲレンデとを隔てる柵がありますが、そこに向かって登っている子供がいるのは、その辺が圧雪されていない新雪だったためです。柵の間際まで行ったら、監視員から注意を受けました(ゲレンデ側から柵に突っ込んだ人とぶつかるため)。

ソリも600円/1日でレンタルできるため(大人用/子供用あり)、普段雪に慣れていない子供たちであればここだけで十分1日過ごせます。

帰る時

先にも書いたとおり、ガーラのリフト営業時間は17:00までなので、その前後はゴンドラに長い列ができます。新幹線の指定席を取っている場合は、ゴンドラに乗ってからホームに行くまで最低でも45分は必要だと思われるので(子供の数や着替えのスピードにもよりますが)、1時間前になったらゴンドラに向かうくらいの気持ちでいる必要があるでしょう。

ちなみに今回は、17:00の新幹線だったので16:00頃に下山準備を開始すれば大丈夫かなぁと思っていたら、突然強い雪 + 風が出てきて、あっという間にゴンドラに大行列ができて少々焦ってしまいました。天気にも依存するので、要注意です。

総評

スキー場として考えるとどうかはよくわかりませんが、”日帰りで家族で雪遊びをする”という目的で行くには、非常にいいところだと思いました。事実上ゲレンデまで新幹線が直結していますし、充実したレンタルのような、日帰りが前提となる設備も揃っています。

子供も気に入っていたようなので、来年あたりにまた行きたいと思います。

家族でGALA湯沢” に1件のコメントがあります

  1. 来月同じようなプランでガーラ湯沢に行こうと計画していました。
    大変参考になりました。
    ありがとうございます~

コメントする