PowerDVD 20を最安値で購入する方法を全力でリサーチした

 2020年4月14日、PowerDVD 20が発売されました。本稿では、1円でも安くPowerDVD 20を購入するために必須となる基礎知識と、手っ取り早くその結果だけを利用できる最安値へのリンクをまとめます。

 すでに別投稿で触れているとおり、PowerDVD 19の発売から同社の製品の価格体系は大きく変わりました。一言でいえば、PowerDVD 18以前は米ドルとカナダドルで”同じ数字”が設定されており、結果的にカナダドルで購入するとどの製品でも圧倒的に安価に購入できることが知られていましたが、PowerDVD 19発表以降は米ドルとカナダドルに個別の価格が設定されるようになり、カナダドル最強説が崩れたのです。これを受けて管理人が独自に調査を行ったところ、PowerDVD 19発売時点での価格と通貨レートでは、メキシコペソが圧倒的に安価であることが確認されました。

 それから1年が経過しました。価格の設定ポリシーは見た感じ変わっていないようですが、コロナウイルスの流行の影響を受ける形で為替レートは日々大変動をしております。そこで本稿では、最新の為替レートに基づく通貨別販売価格表 (日本円換算) を作成してみることにしました。製品価格については、2020/4/19時点の価格を固定値で載せています。以下の関連ページには本稿に含まれていない情報も掲載してあるので、併せて参照して下さい。

 本稿で扱う製品価格はすべて定価ですが、サイバーリンクは最大40%以上の大幅割引を期間限定のセールで実施することがあり、タイミングによってはそちらの方が安価な場合があります。過去を含めた最安値で購入するための最新セール情報については、こちらをご確認ください (随時更新)

PowerDVD 20 Ultra 通貨別価格表

 それではいよいよ本題です。、PowerDVD 20 Ultraの新規購入価格について、どの通貨で決済するのがもっともお得なのかのリサーチした結果を以下に示します。基準は以下の通りです。

  • 円換算レートはOpen Exchange RateからAPIで1時間ごとに取得しているレートです。
  • PowerDVD 20 Ultraの価格は、2020/4/19時点で各通貨に対応する当該製品の定価 (買い物かごの中で割引前の価格として表示される価格) です。セールなどでこの価格が変動することはありますが、同社の割引は原則割合ベースなので、割引後の価格の傾向もほぼ同じになるはずです。
  • 並びは通貨の略称表記のアルファベット順です。円換算価格順にしたかったのですが、管理人の技術と時間がなくてそこまでできませんでした。
通貨名
(略称)
通貨名円換算レート
@2020/06/04 17:00:00
製品価格
(現地通貨)
製品価格
(円換算)
AUDオーストラリア ドル¥75.18139.99¥10,525
CADカナダ ドル¥80.71129.99¥10,492
CHFスイス フラン¥113.4299.99¥11,341
CZKチェコ コルナ¥4.572,506.05¥11,445
DKKデンマーク クローネ¥16.39686.04¥11,244
EURユーロ¥122.1899.99¥12,216
GBP英国 ポンド¥136.3979.99¥10,910
HKD香港 ドル¥14.07799¥11,244
JPY日本 円¥1.0011,800¥11,800
KRW韓国 ウォン¥0.09129,000¥11,546
MXNメキシコ ペソ¥4.991,380¥6,881
NOKノルウェー クローネ¥11.491,032.83¥11,865
NZDニュージーランド ドル¥69.93149.99¥10,489
PRNポーランド ズロチ¥27.57415.55¥11,459
RMB中国 人民元¥15.32650¥9,957
SEKスウェーデン クローナ¥11.68998¥15,288
TWD新台湾 ドル¥3.652,980¥10,868
USD米国 ドル¥109.0799.99¥10,906

 PowerDVD 19の時と変わらず、メキシコペソが圧倒的な一強であり、そのお買い得度の高さが際立つ結果となりました。コロナウイルスの流行が始まってから急激に円高ペソ安が進んだこともあり (2019年末時点でのレートは1ペソ = 約5.74円) 、他の通貨をまったく寄せ付けない価格になっています。次点はオーストラリアドルですが、この差が逆転することは、よほどのことが起こらない限りはないでしょう。

PowerDVD 365 通貨別価格表

 PowerDVD 20のリリースから新たに加わったサブスクリプション型サービスの PowerDVD 365 の価格比較表です。実は19以前の時点では PowerDVD Live という製品名でひっそりと提供されていたのですが、おそらくはブランド名の統一で今回 PowerDVD 365 という製品名で代替的にラインナップに加えられたと思われます。

 なお、公式サイトの表示上、PowerDVD 365にはアップグレード版があるように見えますが、実際は製品版もアップグレード版も同じ価格が設定されているため、単純にアップグレードのページにも表示されているだけということのようです。

通貨名
(略称)
通貨名円換算レート
@2020/06/04 17:00:00
製品価格
(現地通貨)
製品価格
(円換算)
AUDオーストラリア ドル¥75.1874.99¥5,638
CADカナダ ドル¥80.7154.99¥4,438
CHFスイス フラン¥113.4254.99¥6,237
EURユーロ¥122.1854.99¥6,718
GBP英国 ポンド¥136.3944.99¥6,136
HKD香港 ドル¥14.07444¥11,244
JPY日本 円¥1.005,940¥5,940
KRW韓国 ウォン¥0.0969,000¥6,176
MXNメキシコ ペソ¥4.99759¥3,784
NZDニュージーランド ドル¥69.9379.99¥5,594
RMB中国 人民元¥15.32360¥9,957
TWD新台湾 ドル¥3.651,584¥5,777
USD米国 ドル¥109.0754.99¥5,998

 予想通り、メキシコペソの圧勝です。次点はカナダドルですが、こちらの差もそう簡単には縮まりそうはない大きな差があります。価格の傾向がパッケージ版とは異なるのが興味深いのですが、おそらくこれはPowerDVD Liveの値付けルールを踏襲しているためだと思われます (米国ドルとカナダドルに同じ数字が設定されれている)。

マイナー通貨は無視していい

 通貨数がPowerDVD 19の比較表から大幅に減少したことに気が付いた方もいると思います。かつては運が良ければ62通貨から決済通貨を選択可能なカートに入ることもあったのですが、管理人が本稿の執筆にあたり何十回もPowerDVDをカートに追加した限りにおいては、一度たりともそのカートに入ることは一度もありませんでした。システム上はまだ残っているようですが、62通貨対応のカートは現実的には利用されなくなったように見えます。

 上記とは別の種類の、通貨の変更が可能なカートに入るケースは確認できましたが、もっとも、マイナー通貨の場合、他の通貨 (おそらく米ドル) のレートに連動する形で動的に製品価格そのものが変動するため、円建ての最安値を探るという観点からは見るべき点はありません。本表の青色の通貨は、状況から見て固定の製品価格が設定されていると思われたマイナー通貨ですが、これらでさえ米ドルに連動しているようでした (PowerDVD 365については、どうやってもこれらのマイナー通貨は選択できなかったので、表に入っていません)。

消費税の適用ルール

 日本から普通にダウンロード販売でサイバーリンクの製品を円建てで購入する場合、消費税は内税として製品価格に含まれていると計算されます。たとえば11,800円のPowerDVD 20 Ultraをカートに入れて決済画面に進むと、製品価格 = 支払額になるように消費税が内税で計算され、1,073円が消費税と表示されます (製品価格は10,730円、合計すると11,803円)。しかし、外貨建てでカートに入れてから決済画面に進むと、円建てとは異なり消費税は外税扱いになり、10%が支払額に上乗せされてしまいます。このため、せっかく最安値のメキシコペソ建てでカートに入れても、MXN1,380 (製品価格) + MXN138 (消費税) = MXN1,518が支払額としてと表示され、実際にその価格で決済が行われます。

 しかし、試行錯誤を重ねる過程で、外貨建てでも消費税が適用されず、日本円と同じように内税で計算される、もしくは消費税自体が適用されないケースがあることを確認しました。管理人の経験上、画面上は内税として表示されていても、決済を行うと表示金額に消費税分 (10%) が加算された金額が支払額となる場合もあるので油断はできませんが、運が良ければ追加で10%割引かれることになります。

 オンライン販売の税金の正しい適用方法についてここで議論する気はありませんが (私も正解は知りません) 通常のブラウジング操作の結果として消費税が適用されなかったら、それは販売者側の不備であって購入者側が責を負うものではないでしょう。管理人が膨大な試行錯誤を積み重ねた結果、税率の適用ルールはほぼ看破しましたが、同時にメキシコペソ建ての決済と消費税非適用は、かなり厳しい条件を満たさないと両立しないということが判明しました。

とにかく最安値で買いたい!

 管理人が看破したルールによれば、かなり複雑な手順を踏む必要があるのですが、その結果だけを第三者が活用できるようにすることはできました。以下にPowerDVD 20 Ultraの製品版、アップグレード版のそれぞれについて、決済通貨メキシコペソ & 消費税なしで、さらに日本独自の発売特典 (PhotoDirector 10特別版) がついた状態でカートに入っているページに移動するリンクを載せておきました。クリックするとカート画面に遷移するので、そのまま決済に進んでいただければOKです。サブスクリプション版はカートへのリンクができないので (おそらくログインが必要なため)、メキシコの公式サイトでペソを選択して購入してください。

さらに安価に購入するには

 インターネットで何か購入する際に、経由することで独自のポイントがもらえるサイトを利用している方もいるかと思いますが、その米国版もあります (というか米国が本家です) 。管理人が利用している Rakuten.com (旧称Ebates.com) 経由でCyberlinkやVMwareの製品を公式サイトで購入すると、通常5%のキャッシュバック (タイミングにより0%〜15%の間で変動) のキャッシュバックを得ることができます。これら以外にも様々なWebサイトでの購入にも対応しているので、興味がある方は是非一度ご確認ください。以下のリンク (バナーはEbatesのままですが) から登録を行うと、登録後90日以内に初回$25以上の購入をした際に、$10のキャッシュバックを得ることができます (〜2020/5/1の期間限定で、$30以上の利用で$30のキャッシュバック)
(2020/4/22追記 : 最近Cyberlinkのキャッシュバック率が0%に変更されたようで、本稿執筆時点ではRakuten.comからキャッシュバックは受けられないようです。以降の手順はキャッシュバックがあることを前提としていることを、予めご了承ください。なお、vmware.comは5%のままです。)

Ebates Coupons and Cash Back

最安値で購入するための手順

 最後に、ここまでで触れた全てのテクニックを利用して、最安値でPowerDVD 20 Ultraのパッケージ版を購入するための手順を整理しておきます。

  1. (Rakuten.comのキャッシュバックを受けたい場合)、事前にRakuten.comのアカウントを作成し、利用ブラウザに対応するRakuten Cash Back Buttonのアドオンを追加しておく (Chrome / Firefox / Edge / Safari)
  2. 前掲のカートへのリンクをクリックし、意中の製品が入ったカートに移動する。
  3. 1.を実施している場合、ブラウザに追加されたボタンが数回点滅するはずなので、そのボタンをクリックして右上の”Activate XX% Cash Back”をクリックすると、一旦Rakuten.comに画面が遷移してから買い物かごの画面に戻り、ボタンの色が変わる。この状態で決済まで完了すると、数日後までにはRakuten.comのアカウントに購入額の表示%相当の米ドルが追加される。
  4. ダウンロード期限を延長する”拡張ダウンロードサービス”がカートに入っていたら削除する。この時点で合計金額はMXN 1,380 (製品版)もしくは MXN 680 (アップグレード版) になっているはず。
  5. 左下の”クーポンコード”のチェックボックスをチェックし、テキストボックスにその時点でもっとも有利なクーポンコード (最新セール情報の投稿を参照) を入力・適用する (10%引きの場合、この時点で合計金額は MXN 1,242 (製品版) もしくは MXN 612 (アップグレード版) となる)。
  6. 次の画面に進み 、好みの決済方式で決済を行う。入力したメールアドレス宛にダウンロードURLやプロダクトキーが届くので、アドレスは絶対に間違えないこと!
  7. Enjoy!

コメントする