XiパケホーダイでNexus Sの運用コスト大幅カット?

先日発表されたXiのパケホーダイは、Nexus Sを含む非ドコモ純正端末にドコモのSIMを挿して運用しているユーザ = 常時テザリングを利用しているユーザから見ると非常に魅力的なものでした。ドコモ公式のXiパケホーダイフラットプランの説明のページに書かれている通り、

・料金の上限は5,985円(FOMAのパケホーダイフラットと同額)
・上記料金に、テザリングの利用も含まれる(FOMAの同プランでは追加料金が発生)
・上記料金は、キャンペーンで2012年4月30日まで4,410円に割引
・当月のデータ通信量が7GBを超えると、最高通信速度が128kbpsに制限される
・上記制限は、キャンペーンで2012年9月30日まで適用されない

特に赤字の部分が魅力的です。テザリングを利用しても料金が変わらないということは、SIMフリー端末を利用した場合の上限が大幅に抑えることができるということを意味します。10月までであれば10,395円、価格が値下げとなった11月以降でも8,190円テザリングの常時運用にはかかる訳ですから、これが4,410円になれば、音声通信部分を無視すれば月額利用料が半額近くになってしまいます。

そこで見つけたのがこの記事です。これは衝撃的でした。Xiのプランについてドコモに確認した結果が書かれているのですが、

 1. Xiプランの契約において、Xi対応端末の購入は必須ではない。
2. FOMA端末のままでXiプランを使うことができる。
3. Xi対応端末以外ではFOMAと同様の環境になり、Xiの高速快適な環境は得られない。
4. FOMAからXiプランへの契約変更も、その逆もできる。
5.「Xiカケ・ホーダイ」も付加できる。
6. 契約変更ができるのはXi対応音声端末の発売日以降。
7. 月途中で契約変更した場合、パケホーダイフラットなどは、月初めにさかのぼって再計算され、変更後プランの価格が適用される。
8. 契約変更には手数料として2,100円が必要。
9. 新規の契約で端末を購入せずに、Xiプランを選択することもできる。

となっており、これが本当ならば、Xi対応端末を購入せず(Nexus Sを持ったまま)Xiプランに契約変更し、その料金体系の元FOMA端末(=Nexus S)のままXiプランを利用することができることになります。もしそうなると、現在の環境をそのまま維持しながらテザリングを月額上限4,410円(~2011/10なら10,395円、2011/11~でも8,190円)で利用できてしまうのですが、さすがにそれは虫が良すぎるような気がします。

ポイントは、Nexus Sがドコモ謹製の端末ではないという点ですが、Xi端末を買わなくてもいいのだから契約変更を申し込んでもわからないと思うし…いずれにせよ、しばらく注目している必要はありそうですね。

コメントする