ADs by Google

カテゴリ: ISP

自宅サーバ用ISP変更 (3)

livedoorプロバイダで試行錯誤した結果、単一PPPoEセッションで複数IPアドレスを割り当ててもらわないと、複数の自宅サーバの公開は不可能ということが判明したので、その観点で再度ISPを探します。

自宅サーバをターゲットとした単一固定IPアドレスを割り当てるISPはそこそこありますが、これが複数固定IPアドレスとなると一気に話が変わってきます。単純に需要の問題なのかもしれませんが、複数固定IPアドレスとなると基本的に法人向けのメニューになってしまうため、かなり高額になってしまいます。そのため、ISP探しはかなり難航しました。

最終的に、今回の私の目的に合致するISPがあったので、そこと契約をしてみました。

通常、割り当てIPアドレスの数は、1つの次は4つ、その次は8つになります。
4つ割り当てられても、ネットワークアドレスとブロードキャストアドレスを除けば、実質使えるのは2つになるので、ターゲットはここになります。

固定IPアドレスのページで検索したところ、固定IP4つで月額3,800円と、NetPlatz(現在はIPPという名前の模様)が頭一つ安いサービスを提供しています。ということで、こちらのWebページをチェック。よくよく見てみると、ちょっと予想とは異なるサービスを提供していました。

少々驚いたのですが、なんと固定IPアドレス2つで月額3,000円というプランがあります。普通に考えれば固定IPアドレス2つというサービスは考えにくいのですが、とにかくメニューとして存在しています。また、こちらのISPの場合、固定IPアドレス4つでも、そのまま4IPを利用することが可能な模様です。今回の私の目的を考えると、固定IP2つというのは理想的なサービスなので、大きく心が動きます。

若干の制約はあるようですが(IPPのルータ設定情報ページ)、私が現在利用しているNetGenesis SuperOPT100であれば、問題はなさそうですし、ここ以外に同じようなサービスを提供しているところが見当たらなかったため、そのまま申し込みへ。金曜日の深夜に申し込んだのですが、手続きは人間が行っているということで、開通通知は土曜日の夕方に来ました。

自宅ネットワーク側に複数のサーバがあったとしても、このサービスであればデフォルトゲートウェイは一つになるので、公開もスムースに行きました。動的IPアドレス + DDNSで公開していたwww.bflets.dyndns.orgも結果的に固定IPアドレスになってしまいましたが、事実上問題はありません。

当面、ISPについてはこれで落ち着くと思います。結局のところ、
・IIJ4U基本サービス + Bフレッツ接続オプション
・livedoorプロバイダ
・IPP固定IP接続サービス(固定IP2つ)
・WebkeepersのVPS
これらの契約が残っていますが、VPSについては1か月以内の解約であれば無料ですし、livedoorは解約しても1,500円の損失で済みます。現在の接続形態の関係上、マルチセッションを張る意味はないので、IIJ4UのBフレッツ接続オプションも解約することになるでしょう。

これでwww.bflets.dyndns.orgのコンテンツをstarplatinum.jpに完全に移行することができたら、今度こそlivedoorプロバイダあたりに乗り換えてひと段落できるでしょう。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">