VPS環境へのyumの導入

Webkeepersだけがそうなのかは分かりませんが、少なくともWebkeepersのVPS環境にはyumは導入されていませんでした。VPSはCentOSなので、入っていてもいいような気がしますが、気を取り直して自分でいれてみました。

とりあえずVPS環境の管理画面から、”dev”というパッケージを追加します。
入れる前はわかりませんが、これらのパッケージが入ります。

余計なものも色々入りますが、今後yumでパッケージ管理をするのであれば、入れておいて損はないでしょう。容量がひっ迫したら削ればいいですし。
その上で、以下のパッケージをダウンロード・導入します。

もちろん私が導入した時点での最新パッケージなので、バージョンは適当に読み替えてください。これらをダウンロードしたら、

で、一発で入るはずです。

導入後、さっそくyum check-updateしましたが、残念ながら?更新が必要なパッケージはありませんでした。

コメントする