ESETからカスペルスキーに乗り換え

ESETからカスペルスキーに乗り換え

 管理人はPCやスマートフォンのセキュリティ製品として長らく (少なくとも6年以上は) ESETを利用していました。マルチデバイス版があること、複数台数版があること、3年版があることが大きな理由だったのですが、今回訳あってカスペルスキーに乗り換えることにしました。乗り換えを決心した理由は、大きく分けて2つありました。

 一つ目の理由は価格です。2019/11頭に前回購入した3年版のライセンスが切れるので、セールにかかるタイミングをずっと狙っていたのですが、なかなかセールにかからなかったのです。9月下旬のAmzonのタイムセールで5,980円になっていたのですが、前回買った2015年12月のAmazonのLightening Dealで、ファミリーセキュリティ (現行のインターネットセキュリティの前身) の5台3年版が3,400円だったことを考えると、どうしてもこの価格で買おうという気になれなかったのです。

 二つ目の理由は、勤務先のリモートアクセス環境構築上の問題でした。数年前から働いている勤務先は希望すれば自宅でのリモートワークが可能なのですが、そのためには自宅から会社にVPNを張る必要があります。その際に利用するVPNのクライアントソフトがアンチウイルスソフトが導入されているか、そしてそのパターンファイルが最新かどうかをチェックするのですが、ESETはなんとサポート対象外だったのです。

 今回選択したカスペルスキーセキュリティは、期間限定とはいえVectorPCShopで5台3年版が4,980円であったこと、前述のVPNクライアントソフトのサポート対象であったことが決め手となりました。同製品は定価11,250円、本稿を書いている時点での価格.comの最安値が7,607円(Amazon.com)、そのAmazonのタイムセールでも7,160円であることを考えると、破格の安値と言えるでしょう。過去の履歴を見るとVectorでは複数回この価格で販売された実績があるようなので、運が良ければ↓のリンク先でその価格で買えるかも….

 なお、メルマガ登録が必要ではあるものの、メールアドレスを送信 → 自動送信されたメールの中のリンクをクリックするだけなので、面倒な個人情報の登録は一切ありません。

コメントする